週刊節税教室 

   
*********************************

☆☆ 週刊節税教室 ☆☆          第10号(2001/12/3)

 【 アトラス総合事務所 】     http://www.cpainoue.com/

*********************************

  ■■■ パソコンの耐用年数(法人税、所得税) ■■■


★質問   「パソコンを買ったのですが、全額費用で落とせますか?」

☆回答  10万円未満のパソコンなら費用で落とせますが、10万円以上20万円
      未満なら3年で3分の1ずつ落とせます。

      20万円以上のパソコンは「耐用年数」にわたって落とせます。
      

★質問  「耐用年数とはなんですか?」

☆回答  国が定めたパソコンの使用可能期間で、その期間でパソコンを費用とし
     て落とすことができるものです。

     このパソコンの耐用年数が変更になりました。

★質問  「何年から何年に変更になったのですか?」

☆回答  6年から4年に変更になりました。
      
     法人は、平成13年4月1日開始事業年度から、個人は平成13年度から
     です。
     
     個人の確定申告が年を明ければすぐですが、パソコンが減価償却資産
     として前年から計上されている場合にはこの耐用年数の変更は気をつけ
     てください。前年以前に取得したパソコンも13年の申告では耐用年数を4年
     にすることができます。
 
     もし忘れて以前の6年のまま申告しても税務署は何もしてくれません。



 ◆発行 アトラス総合事務所

    Copyright (C)2001 アトラス総合事務所. All rights reserved.

  当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織変更登記

  などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。 
 

[ Home ] [ 閉じる ] [ご利用案内/読者登録]

アトラス総合事務所
〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル2階
TEL 03-3464-9333  FAX 03-3476-4665
代表者
公認会計士・税理士 井上 修
E-mail info@cpainoue.com

ホームページへ