週刊節税教室 

   

*********************************

☆☆ 週刊節税教室 ☆☆          第176号(2005/3/28)

 【 アトラス総合事務所 】     http://www.cpainoue.com/

*********************************


   ■■■ 人材投資促進税制の内容(1)(法人税、所得税)  ■■■

        

☆質問

『今年の4月1日から始まる人材投資促進税制に興味があります』

『教育訓練費を使うと税金が安くなるということですが、教育訓

練費について具体的に教えてください』

★回答

人材投資促進税制は、教育訓練費を前2事業年度の平均額より多く

使った場合、その増加額の25%に相当する額を税額控除するとい

う制度です(詳しくは第171号参照してください)。

そこで当然、教育訓練費の内容が問題となります。

経済産業省から資料が発表されましたので、より具体的な内容が

分かってきました。

☆質問

『そうですか』

『ではまず、どのような教育訓練費が税額控除の対象となるのか

教えてください』

★回答

以下の5つの項目があげられています。

●外部講師謝金

 社外講師・指導員に支払う講師料・指導料

●外部施設等使用料

 研修を行うために使用する外部施設・設備等の借上料、利用料

●研修委託費

 講師、教材等を含めた研修の一部又は全部を外部教育機関等へ

 委託する場合の費用

●外部研修参加費

 社員を外部の研修プログラムに参加させる場合の受講料等

●教科書その他の教材費

 研修用の教材・プログラムの購入料等

☆質問

『外部講師謝金について、もう少し具体的に教えてください』

★回答

外部講師謝金は、法人が自ら研修を行う場合に、会社の外部から

講師や指導員を招聘して、講義・指導等の教育訓練を行う場合の

費用です。

☆質問

『その場合の講師は、自社の役員や使用人ではダメなのですか?』

★回答

自社の役員や使用人に社内研修の先生をやってもらって、報酬を

支払っても、この制度の教育訓練費には当たりません。

しかし、子会社やグループ会社の役員や使用人が講師となって報

酬を支払った場合には、教育訓練費に該当します。

☆質問

『なるほど』

『外部講師に支払う謝金のほかに、外部講師の交通費や旅費も税

額控除の対象になるのですか?』

★回答

なります。

旅費には、外部講師の宿泊費や食費なども含みます。

☆質問

『次に、外部施設等使用料の内容は?』

★回答

外部施設等使用料は、法人が自ら研修を行うために、法人以外の

者が所有する施設、設備などを使用する場合の使用料です。

☆質問

『施設、設備の具体例としては、どのようなものがありますか?』

★回答

以下のようなものです。

◎施設

 研修施設、会議室、実習室等

◎設備

 教育訓練用シュミレーター設備等

◎器具・備品

 OHP、プロジェクター、ホワイトボード、パソコン等

◎イーラーニングにおける教育訓練用コンテンツの使用料 など


公認会計士・税理士 井上 修

★☆★☆★☆★☆★ !パソコン経理の本を出版しました! ★☆★☆★☆★☆★

         「個人事業・自由業者のパソコン経理でラクラク申告」

   1月27日発行 株式会社すばる舎  1,600円(税抜き)  井上 修 著

  ●パソコン会計導入・運用の虎の巻です。操作方法の本はいくらでもありますが、

   具体的な導入・運用を実務的に書いた本はありませんでした。

   本書は実務で行っているパソコン会計のエッセンス盛りだくさんです。

   是非お買い求めください。

               お買い求めは下記よりどうぞ!

 

            http://www.cpainoue.com/book1/a_book9.html

      

☆☆☆☆☆☆☆ !消費税専門のホームページができました! ☆☆☆☆☆☆☆☆

 税額計算や課税事業者判定のシミュレーションまでついた本格的消費税専門HP

               『消費税パーフェクトガイド.com』

               http://www.shohi.com


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

法人成り試算します!  http://www.cpainoue.com/gyomu/a_toki.html

設立手続代行します!  http://www.cpainoue.com/gyomu/a_toki.html

★注目!→設立費用が4万円安くなりました。

お気軽に御連絡下さい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜


◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 井上NEWS ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■今月の井上NEWS(月刊でアトラス総合事務所のホームページに掲載)■

                     http://www.cpainoue.com/

    ●「銀行借入あれこれ」   NEW!

       ●「社会保険の改正事項」     NEW!     

  

  当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織

  変更登記などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。 

    会計事務所費用が今より安くなります。 月額21,000円〜

 詳しくは、ホームページをご覧になってください。

http://www.cpainoue.com/


==============  無料メルマガ  =============

■■■メルマガ 週刊税務調査日記!■■■

  税務調査の実態、税務調査で問題となる点、税務調査の手法などを誰でも分かり

  やすく、ちょっと脚色して週刊でお伝えいたします。

  下記リンクよりぜひ登録してください。

     

         http://www.cpainoue.com/mailmag2/a_mailmag2.html

  


==============   無料メルマガ  ============

■■■ メルマガ 週間なるほど!消費税 ■■■ 

  消費税の仕組から実務的な内容まで、問答式でやさしく毎週説明しています。

  ぜひご購読ください。 http://www.cpainoue.com/mailmag4/a_mailmag4.html 


***********************************

◎メルマガの配信停止は下記リンクからお願いいたします。

       http://www.cpainoue.com/mailmag2/a_mailmag2.html


◆発行 アトラス総合事務所

    Copyright (C)2001 アトラス総合事務所. All rights reserved.

 本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法

上禁止されており、著作権侵害になります。

 ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為

 ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為

 ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為

.

◆発行 アトラス総合事務所

  Copyright (C)2001-2006 アトラス総合事務所. All rights reserved.

当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織変更登記などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。

[ Home ] [ 閉じる ] [ご利用案内/読者登録]

アトラス総合事務所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル2階
プライバシーマーク認定制度のホームページへ
アトラス総合事務所のホームページへ  [代表者] 公認会計士・税理士・行政書士  井上 修
 www.cpainoue.com E-mail info@cpainoue.com TEL 03-3464-9333 

Copyright© 1998-2014 アトラス総合事務所. All rights reserved.