週刊節税教室 

   

*********************************

 ☆☆ 週刊節税教室 ☆☆               第202号(2005/10/17)

  【 アトラス総合事務所 】            http://www.cpainoue.com/

*********************************



  ■■■  LLPは本当に税金が有利?(4) (所得税、法人税)  ■■■

        


☆質問

「LLPで損失が出た場合、その損失は各構成員の出資額の範囲内で各構

成員に帰属すること」

「個人の構成員でLLP以外に所得がないと、LLPの損失で各個人の税金が

安くならないことが理解できました」

「では、法人のLLPの構成員はどのような扱いなのですか?」

「個人と同じ扱いですか?」

★回答

「LLPの法人構成員と個人構成員の扱いは、LLPで損失が出た場合に扱い

が異なります」

☆質問

「どのように違いがあるのですか?」

★回答

「設例で説明しましょう」

「構成員が個人1人と法人1社のLLPとします」

「出資金額は100万円ずつです」

「この条件で、LLPの1年目で300万円の損失が出ました」

☆質問

「はい」

★回答

「LLPの損失は300万円ですが、出資額は各々100万円ですので、各構成員

に帰属する損失はその半分の150万円ではなくて、出資額である100万円が

限度となります」

☆質問

「各構成員に帰属するLLPの損失100万円は、個人の構成員も他に所得が

あればそれと相殺でき、法人もLLP以外の所得と相殺できる点は一緒です

か?」

★回答

「一緒です」

☆質問

「では、何が違うのですか?」

★回答

「LLPの損失300万円の内、各構成員に損失として帰属できない金額の扱

いで違いがあります」

☆質問

「LLPの損失である300万円の半分の150万円と出資額100万円との差額

ということですね?」

★回答

「そうです。この50万円は、LLPの各構成員に帰属しない損失です」

「LLPの損失の内、各構成員に帰属する損失の額は、各構成員の出資額を

限度とする規定があるために、この50万円は各構成員の他の所得から差し

引くことができないものなのです」

☆質問

「この50万円の扱いが違うのですか?」

★回答

「そうです」

「個人構成員の50万円は、これでおしまいです」

「次の年の税金が安くなることはありません」

「しかし、法人構成員の場合は違うのです」

「この50万円を、その後の事業年度で生じた、その法人に帰属するLLPの利

益から引くことができるのです」

「つまり、法人構成員の場合は、出資金額の限度により使うことができなかっ

たLLPの損失を、次の事業年度以降に繰り越して、その後に生じたLLPから

の利益から引くことができるのです」

☆質問

「へ〜 そうすると個人よりも法人の方が、LLPの使い勝手が良いと言えます

ね?」

★回答

「そう言えます」


なお、LLPに関する詳細な税制については、税務署に聞いても「まだ詳細

が決まっていません」と言われ、LLPのセミナーに出席して具体的な税金

の扱いを著名なセミナーの講師に聞いても「詳細はまだ決まっていないの

で、回答できません」といった状態です。

ですから、このメルマガの情報も、私の私見であることをご理解ください。


公認会計士・税理士 井上 修


□□□□□□□□□□ !あなたも会社を作ってみよう! □□□□□□□□□□

 詳しくはこちらをご覧ください。会社設立登記手続きの一切を代行いたします。

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆ 井上NEWS ◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■今月の井上NEWS(月刊でアトラス総合事務所のホームページに掲載)■

          http://www.cpainoue.com/

    ●「有限会社、1円会社の今後」   NEW!

            ●「労災保険の適用は?」     NEW!     

  

  当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織

  変更登記などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。 

    会計事務所費用が今より安くなります。 月額21,000円より

 詳しくは、ホームページをご覧になってください。

http://www.cpainoue.com/


★☆★☆★☆★ NEW !税務調査の本を出版しました!NEW ★☆★☆★☆★☆

               「税務調査なんて怖くない!」

   4月29日発行 株式会社すばる舎  1,500円(税抜き)  井上 修 著

  ●税務調査でのやり取りを再現し、かつ分かりやすく税務調査の実際を解説
    しています。
    本の題名は、やや過激ですが、内容は面白く読める本になっておりますの
    で、ぜひご購入ください。

               お買い求めは下記よりどうぞ!

          http://www.cpainoue.com/book1/a_booka.html   

  ●パソコン経理の虎の巻はコチラ
          http://www.cpainoue.com/book1/a_book9.html

  ●税金の虎の巻はコチラ
          http://www.cpainoue.com/book1/a_book8.html


  ●消費税の虎の巻はコチラ
         http://www.cpainoue.com/book1/a_book7.html

  ●誰でもできる経理の虎の巻はコチラ
         http://www.cpainoue.com/book1/a_book6.html


☆☆☆☆☆☆☆ !消費税専門のホームページができました! ☆☆☆☆☆☆☆☆

 税額計算や課税事業者判定のシミュレーションまでついた本格的消費税専門HP

               『消費税パーフェクトガイド.com』
               http://www.shohi.com

==============  無料メルマガ  =============

■■■メルマガ 週刊税務調査日記!■■■

  税務調査の実態、税務調査で問題となる点、税務調査の手法などを誰でも分かり
  やすく、ちょっと脚色して週刊でお伝えいたします。
  下記リンクよりぜひ登録してください。
     
         http://www.cpainoue.com/mailmag2/a_mailmag2.html

==============   無料メルマガ  ============

■■■ メルマガ 週間なるほど!消費税 ■■■ 

  消費税の仕組から実務的な内容まで、問答式でやさしく毎週説明しています。

  ぜひご購読ください。 http://www.cpainoue.com/mailmag4/a_mailmag4.html 


***********************************

◆発行 アトラス総合事務所

    Copyright (C)2005 アトラス総合事務所. All rights reserved.

 本メールマガジンに掲載されている著作物に対する以下の行為は、著作権法

上禁止されており、著作権侵害になります。

 ○著作物を、私的利用の範囲を超えて権利者の許可なく複製する行為

 ○著作物を、インターネット上で公衆が取得可能な状態にする行為

 ○著作物の全部もしくは一部を権利者の許可なく改変する行為

.

◆発行 アトラス総合事務所

  Copyright (C)2001-2006 アトラス総合事務所. All rights reserved.

当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織変更登記などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。

[ Home ] [ 閉じる ] [ご利用案内/読者登録]

アトラス総合事務所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル2階
プライバシーマーク認定制度のホームページへ
アトラス総合事務所のホームページへ  [代表者] 公認会計士・税理士・行政書士  井上 修
 www.cpainoue.com E-mail info@cpainoue.com TEL 03-3464-9333 

Copyright© 1998-2014 アトラス総合事務所. All rights reserved.