週刊 なるほど!消費税

 

 

バックナンバー

 
** Weekly Consumption tax ********************

☆☆ 週刊 なるほど!消費税 ☆☆        第106号(2005/01/10) 

 【 アトラス総合事務所 】    http://www.cpainoue.com/

**********************************

               ★ 輸入の際の消費税(5) ★ 

               

【先生】

 遅ればせながらあけましておめでとうございます。本年も週刊なるほど!

消費税を宜しくお願いします。

【生徒】

 あけおめ!賀正!謹賀新年!今年もよろしくです!

【先生】

 年末年始はイギリスへ行き、物価の高さを痛感しました。イギリスのVAT

(Value-added Tax 付加価値税)は17.5%で全て内税です。このあたりも

物価の高さを感じさせる要因でしょうね。

【生徒】

 でも輸出免税のときやったみたいに、イギリスから日本へ持ち出すときに

免税制度があるんじゃないんですか?

【先生】

 もちろんあります。手続きすれば約15%が戻ってきます。但し手続きをし

てくれるのは、店によって異なりますが、最低50ポンドから100ポンド程度

の買い物が必要ですし、手間や手数料を考えると高額の買い物でなけれ

ばあまり意味はないですね。

 今回は最高でも40ポンドくらいの買い物しかしなかったので、手続きはし

ませんでした。

【生徒】

 今は1ポンド200円くらいですよね。だと最低1万円以上の買い物かぁ・・・

 1万円で戻ってくるのが1,500円・・・微妙かも。

【先生】

 さて輸入消費税のお話も今回で最後となります。

 輸入の際の消費税は保税地域から課税貨物を引き取るときに課税される

というのはいいですね。

【生徒】

 はい。

【先生】

 輸入消費税には、実は申告納税方式と賦課課税方式という2種類があり

ます。簡単に言うと申告納税方式は自ら消費税を計算する方式で、賦課課

税方式は税関が勝手にかけてくるという方式です。

 輸入を業としている業者は申告で、郵便や携帯しての輸入は賦課課税で

と考えると分かりやすいですね。

【生徒】

 通関業者から消費税額が知らされるっていうのは賦課課税ってことですか?

【先生】

 一概には言えませんが、申告方式であっても通常は通関業者が申告まで

してくれて、依頼者は税額のみ支払えばいいということになります。

【生徒】

 でも輸入を頻繁にしているところは、輸入のたびに申告すると大変ですね。

【先生】

 そういう場合には特例申告という方法もあります。これは月単位で輸入品を

まとめて、輸入月の翌月末までに申告するという方法です。

【生徒】

 それじゃその場合の納税はどうなるんですか?

【先生】

 申告期限と同じ月ごとまとめて翌月末日までとなります。

 さらに言うと納税にも延長の規定があります。これは予め一定の担保を提供

した場合には、その担保の額を限度として納税の期限を3ヶ月延長できるとい

うものです。

 もし4月中に輸入したものを特例申告していれば、納付は7月末までというこ

とになります。

 そしてこの納期限の延長は個別の輸入ごとにすることもできます。

 この場合、例えば4/4に輸入したものの納期限は7/4までということになります。

【生徒】

 その場合でも担保はいるんですよね。

【先生】

 そうです。納期限の延長は必ず担保が必要となります。




☆☆☆☆☆☆☆ !消費税専門のホームページができました! ☆☆☆☆☆☆☆☆

 税額計算や課税事業者判定のシミュレーションまでついた本格的消費税専門HP

               『消費税パーフェクトガイド.com』

               http://www.shohi.com


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

法人成り試算します!  http://www.cpainoue.com/gyomu/a_toki.html

設立手続代行します!  http://www.cpainoue.com/gyomu/a_toki.html

お気軽に御連絡下さい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■今月の井上NEWS(月刊でアトラス総合事務所のホームページに掲載)■

                http://www.cpainoue.com/

   ●誤りやすい消費税事例       

   ●フレックスを導入するときに     

=============  無料メルマガ  ==============

■■■メルマガ 週刊節税教室■■■

  節税について問答式でやさしく毎週説明しています。

  ぜひご購読下さい。

         http://www.cpainoue.com/mailmag/a_mailmag.html

==================================== 

■■■メルマガ 週刊税務調査日記!■■■

税務調査の実態、税務調査で問題となる点、税務調査の手法などを誰でも分かり

やすく、ちょっと脚色して週刊でお伝えいたします。

下記リンクよりぜひ登録してください。

     

         http://www.cpainoue.com/mailmag2/a_mailmag2.html

 

====================================

◆発行 アトラス総合事務所

  Copyright (C)2002-2006 アトラス総合事務所 All rights reserved.

当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織変更登記などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。

[ Home ] [ 閉じる ] [ご利用案内/読者登録]


アトラス総合事務所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル2階
プライバシーマーク認定制度のホームページへ
アトラス総合事務所のホームページへ  [代表者] 公認会計士・税理士・行政書士  井上 修
 www.cpainoue.com E-mail info@cpainoue.com TEL 03-3464-9333 

Copyright© 1998-2014 アトラス総合事務所. All rights reserved.