週刊 なるほど!消費税

 

 

バックナンバー

 
** Weekly Consumption tax ********************

☆☆ 週刊 なるほど!消費税 ☆☆        第115号(2005/03/14) 

 【 アトラス総合事務所 】    http://www.cpainoue.com/

**********************************

               ★ 譲渡等・仕入等の時期(9) ★ 

                   「長期割賦販売等」

【先生】

 今日はホワイトデー。バレンタインデーにチョコをもらった人がマシュマロ、

クッキー、キャンディーなどをお返しします。

【生徒】

 ホントにマシュマロとか飴とか返したら怒られますよ。あげる時は安く、貰う

ものは高くというのが基本らしいですから。

【先生】

 義理で数百円のチョコもらって、何十倍ものお返しなければいけないという

のは納得できないですね。

 そもそも気持ちを表すためにあげるのですから、見返りを求めるというのは

おかしいでしょう。

【生徒】

 正論ですけど、そんなこと言ってるからチョコもらえないんですよ〜。

【先生】

 さて、長期割賦販売等について、今回はまず相続が発生した場合を見て

いきます。

【生徒】

 亡くなっちゃったってことですか?

【先生】

 そうです。個人事業主が亡くなってしまった場合です。これはいくつかの例

をあげてお話したほうが分かりやすいでしょう。

 

 長期割賦販売等の特例を適用していた個人事業主が期中で亡くなったと

します。

 まず、その長期割賦販売等にかかる事業を引き継いだ相続人がいなかっ

た場合、あるいはその事業の全部を譲渡又は廃止した場合。

【生徒】

 誰も継いであげなかったんですか・・・寂しいなぁ・・・

【先生】

 あくまで例ですよ。例。

 この場合は、未収で残っている部分を全額亡くなった個人事業主の売上と

して認識することになります。

【生徒】

 事業を引き継いでくれる相続人がいる場合はどうなるんですか?

【先生】

 事業を承継した相続人が、その長期割賦販売等につき延払基準の方法で

経理した場合には、引続き特例が認められます。

【生徒】

 それじゃ、その相続人が延払基準で経理しなかったときは?

【先生】

 相続人が延払基準で経理しなかった場合、その経理したかった年の12月

31日の属する課税期間において未収部分の売上を全額計上することになり

ます。

 また延払基準の適用をやめた場合には、その適用しないこととした課税期間

において、未収部分の売上を全額計上することになります。

【生徒】

 前回話したのと同じですね。

【先生】

 前回と同じということで、注意点を一つ。亡くなった個人事業主が課税事業者で、

事業を承継した相続人が免税事業者であった場合には、前回と同様に消費税の

計算上は、未収部分を課税事業者であった亡くなった個人事業主の売上として

認識します。

 また、亡くなった個人事業主が免税事業者で、事業を承継した相続人が課税事

業者の場合にも、同様に消費税の計算上は未収部分を免税事業者であった亡く

なった個人事業主の売上として認識します。




★☆★☆★☆★☆★ !パソコン経理の本を出版しました! ★☆★☆★☆★☆★

   「個人事業・自由業者のパソコン経理でラクラク申告」

1月27日発行 株式会社すばる舎  1,680円(税込)井上 修 著

●パソコン会計導入・運用の虎の巻です。操作方法の本はいくらでもあり

ますが、具体的な導入・運用を実務的に書いた本はありませんでした。

本書は実務で行っているパソコン会計のエッセンス盛りだくさんです。

是非お買い求めください。


☆☆☆☆☆☆☆ !消費税専門のホームページができました! ☆☆☆☆☆☆☆☆

 税額計算や課税事業者判定のシミュレーションまでついた本格的消費税専門HP

               『消費税パーフェクトガイド.com』

               http://www.shohi.com


〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

法人成り試算します!  http://www.cpainoue.com/gyomu/a_toki.html

設立手続代行します!  http://www.cpainoue.com/gyomu/a_toki.html

お気軽に御連絡下さい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■今月の井上NEWS(月刊でアトラス総合事務所のホームページに掲載)■

                http://www.cpainoue.com/

   ●会社法改正の動向        

   ●育児介護休業が変わります      

=============  無料メルマガ  ==============

■■■メルマガ 週刊節税教室■■■

  節税について問答式でやさしく毎週説明しています。

  ぜひご購読下さい。

         http://www.cpainoue.com/mailmag/a_mailmag.html

==================================== 

■■■メルマガ 週刊税務調査日記!■■■

税務調査の実態、税務調査で問題となる点、税務調査の手法などを誰でも分かり

やすく、ちょっと脚色して週刊でお伝えいたします。

下記リンクよりぜひ登録してください。

     

         http://www.cpainoue.com/mailmag2/a_mailmag2.html

 

====================================

◆発行 アトラス総合事務所

  Copyright (C)2002-2006 アトラス総合事務所 All rights reserved.

当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織変更登記などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。

[ Home ] [ 閉じる ] [ご利用案内/読者登録]


アトラス総合事務所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル2階
プライバシーマーク認定制度のホームページへ
アトラス総合事務所のホームページへ  [代表者] 公認会計士・税理士・行政書士  井上 修
 www.cpainoue.com E-mail info@cpainoue.com TEL 03-3464-9333 

Copyright© 1998-2014 アトラス総合事務所. All rights reserved.