週刊 なるほど!消費税

** Weekly Consumption tax ********************

☆☆ 週刊 なるほど!消費税 ☆☆        第194号(2006/10/16) 

 【 ATLAS総合事務所 】            http://www.cpainoue.com/

**********************************

               ★ 納付と申告(12) ★ 

                  「還付申告」

【先生】

 先週は衝撃的なニュースがありました。

【生徒】

 KA○-TUNの○西君無期限休養ですか?

【先生】

 全く違います。ディープインパクト電撃引退です。

怪我をする前に、ということでしょう。オーナーの気持ちもわかりますが、

残念です。

【生徒】

 ホントに強い馬ですよね。51億円のシンジケートが組まれるんですよね。

種牡馬になっても活躍できるかな?

【先生】

 一世を風靡した父親のサンデーサイレンスのようになれるといいですね。

 さて、引き続き還付申告のお話です。

 今回は、前回の最後でお話した課税売上が無いのに課税資産の譲渡等

にのみ対応する課税仕入が発生する場合を見ていきましょう。

 

 一番わかりやすいのは棚卸資産です。例えば今期文房具を大量に仕入

ましたが1個も売れなかったとします。

 文房具を売れば課税売上となりますから、その仕入は課税資産の譲渡等

にのみ対応する課税仕入となります。

 会計上は売れていないものは当期の経費とはならず棚卸資産として翌期

に繰り越されることとなりますが、消費税は仕入れた期に控除を行うことと

なります。

 ですから課税売上0円で課税売上割合も0ですが、控除額が発生している

ので還付申告を行うこととなります。

【生徒】

 還付はうれしいかもしれないけど、1個も売れてないっていうのが会社的

に問題ありますよね・・・

【先生】

 あくまでも例えです。

 その代わり、翌期に全て売れれば預った消費税だけ発生し、控除額は無い

ということになります。

 また翌期が免税事業者となる場合には棚卸資産にかかる消費税は控除

できないという規定がありますから注意が必要です。

 次に考えられるのが固定資産です。

 事業向けの賃貸用建物を購入又は建築し、当期は入居が無かった場合、

入居があれば課税売上となる家賃が発生するため、その購入費用・建築

費用は課税資産の譲渡等にのみ対応する課税仕入となります。

 そのため今期の課税売上0円、課税売上割合0ですが、全額が控除対象

となり、還付申告することとなります。

【生徒】

 建物だと還付額も大きそうですね。

【先生】

 ですが、一部が居住用ですと、購入・建築費用は共通して対応することに

なってしまいます。また当初全てを事業用として控除し、後から居住用へと

用途変更した場合には、当初の控除額を戻す計算が必要となります。

【生徒】

 調整対象固定資産の転用ですね。

【先生】

 そうです。

 ちなみに、翌期以降では課税売上割合が著しく変化した場合に該当する

場合が出てきます。ですがこの場合の対象となる調整対象固定資産は、

共通対応の調整対象固定資産ですので、課税資産の譲渡等にのみ対応

する課税仕入であるものについては調整は必要ありません。



ところで、未回収の売掛金があって困っていませんか?

アトラス総合事務所では、未回収売掛金等の法的な回収手続の代行

を当事務所の簡裁訴訟代理関係業務認定会員司法書士の福田亘司

が行っております。

ご利用しやすい料金となっておりますので、お気軽にご利用下さい。

 

アトラスNEWSで、「債権回収手続」と「社会保障協定」を解説しています。

 


============= 新刊本のご案内 =============

 ☆アトラス総合事務所が本を出版しました!

         中途&定年退職者必見!

         『退職前後の「手続き・届出」がわかる本』

         7月19日発売!!

         この本一冊で退職にまつわる疑問や不安が一切解消!

                                  すばる舎 1,575円 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 新刊本の御案内 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      個人事業者自由業者のための

      「会社をつくるメリット・デメリット 本当のところズバリ!

       !1月23日発売!

      会社が得か?個人が得か?決断するなら本書を読んでから!

      !! 7回目の増刷で第6刷です !!

                         公認会計士・税理士 井上 修 著

                                 すばる舎 1,470円

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■今月のATLAS総合事務所NEWS(月刊でATLAS総合事務所のホームページに掲載)■

   ●新会社法と職権登記       NEW!    

   ●健康保険が変わります      NEW!    

□□□□□□□□□□ !あなたも会社を作ってみよう! □□□□□□□□□□

 詳しくはこちらをご覧ください。会社設立登記手続きの一切を代行いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  ☆☆出版物のお知らせ☆☆  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     税務署との折衝・交渉術「税務調査なんて恐くない!

         週刊税務調査日記が本になりました!

税務調査の実態をみなさんに知っていただくために、実体験に基づいた、税務調査で

繰り広げられる悲喜こもごものドラマを多少(?)脚色してお伝えします。

☆☆☆☆☆☆☆ !消費税専門のホームページができました! ☆☆☆☆☆☆☆☆

 税額計算や課税事業者判定のシミュレーションまでついた本格的消費税専門HP

               『消費税パーフェクトガイド.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

設立手続代行します!

お気軽に御連絡下さい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

=============  無料メルマガ  ==============

■■■メルマガ 週刊節税教室■■■

  節税について問答式でやさしく毎週説明しています。

  ぜひご購読下さい。

==================================== 

■■■メルマガ 週刊税務調査日記!■■■

税務調査の実態、税務調査で問題となる点、税務調査の手法などを誰でも分かり

やすく、ちょっと脚色して週刊でお伝えいたします。

下記リンクよりぜひ登録してください。
 

====================================

◆発行 アトラス総合事務所

  Copyright (C)2002-2006 アトラス総合事務所 All rights reserved.

当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織変更登記などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。

[ Home ] [ 閉じる ] [ご利用案内/読者登録]

アトラス総合事務所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル2階
プライバシーマーク認定制度のホームページへ
アトラス総合事務所のホームページへ  [代表者] 公認会計士・税理士・行政書士  井上 修
 www.cpainoue.com E-mail info@cpainoue.com TEL 03-3464-9333 

Copyright© 1998-2014 アトラス総合事務所. All rights reserved.