週刊 なるほど!消費税

** Weekly Consumption tax ********************

☆☆ 週刊 なるほど!消費税 ☆☆        第195号(2006/10/23) 

 【 ATLAS総合事務所 】            http://www.cpainoue.com/

**********************************

               ★ 納付と申告(13) ★ 

                  「還付申告」

【先生】

 先週はさらに衝撃的なニュースがありました。

【生徒】

 KA○-TUNの○西君緊急記者会見ですか?

【先生】

 全然全くこれっぽっちも違います。ディープインパクトから禁止薬物が

検出されたことです。

【生徒】

 確かにちょっとびっくりしました。でも恒常的に使ってたわけではない

んですよね?

【先生】

 フランスの凱旋門賞に出走したときということですが、このようなことで

評価が傷ついてしまうのは残念です。

 さて、還付申告についてです。前回のお話をもう一度おさらいしてみま

しょう。

 事業向けの賃貸用建物を購入又は建築し、当期は入居が無かった場合。

 他の売上も全く無かったとすると、課税売上割合の計算は0÷0となります。

 数学的には0÷0=「不定」ということになって答えは無い、というか計算と

して、してはいけないということになりますが、ここでは単純に課税売上割合

は無い(=0)と考えてください。

【生徒】

 0で割っちゃいけないって習った気がします。

【先生】

 そうすると、課税売上割合が95%未満ですので、支払った消費税を全額

控除するということができません。

 ここで計算パターンは個別対応方式か一括比例配分方式となりますが、

一括比例配分では支払った消費税全額に課税売上割合をかけて計算しま

すので、控除できる金額は0となってしまいます。

 個別対応方式では課税資産の譲渡等に対応する部分は全額、共通して

対応する部分は課税売上割合をかけた金額が控除対象となります。

 結局残るのは課税資産の譲渡等に対応する部分ですので、事業向けの

賃貸用建物の購入費又は建築費にかかる消費税が還付されます。

【生徒】

 購入費・建築費以外でも課税資産の譲渡等に対応する部分があれば、

還付を受けられますよね?

【先生】

 そうですね。例えば入居者募集の広告宣伝費などは該当するでしょう。

【生徒】

 それじゃ、もし他の売上があった場合はどうなりますか?

【先生】

 上記の期間中に、例えば作業中に出た廃棄物を売却した、あるいは

所有していたパソコンを中古屋に売ったということでもいいでしょう。

 そうすると、わずかですが課税売上が発生します。他に収入が無いと

すると課税売上割合は100%となり、共通部分や非課税対応分などを

考慮することなく、支払った消費税の全額が控除対象となります。

【生徒】

 ということは、仮に課税売上が100円あったとすれば預った消費税は

5円ですよね。それだけでも支払った消費税の全額が控除できるって

ことですか?

【先生】

 そうです。理論上はそうなります。

 ですが還付金額が多いいほど税務当局から問題視される可能性が

大きくなります。課税売上が極端に小額の場合には、これを利用した

脱法行為ではないか云々、何かしら言われる可能性も無いとはいえ

ないでしょう。



ところで、未回収の売掛金があって困っていませんか?

アトラス総合事務所では、未回収売掛金等の法的な回収手続の代行

を当事務所の簡裁訴訟代理関係業務認定会員司法書士の福田亘司

が行っております。

ご利用しやすい料金となっておりますので、お気軽にご利用下さい。

 

アトラスNEWSで、「最新税務調査事情」と「医療保険改正」を解説しています。

 


============= 新刊本のご案内 =============

 ☆アトラス総合事務所が本を出版しました!

         中途&定年退職者必見!

         『退職前後の「手続き・届出」がわかる本』

         7月19日発売!!

         この本一冊で退職にまつわる疑問や不安が一切解消!

                                  すばる舎 1,575円 

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆ 新刊本の御案内 ☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

      個人事業者自由業者のための

      「会社をつくるメリット・デメリット 本当のところズバリ!

       !1月23日発売!

      会社が得か?個人が得か?決断するなら本書を読んでから!

      !! 7回目の増刷で第6刷です !!

                         公認会計士・税理士 井上 修 著

                                 すばる舎 1,470円

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

■今月のATLAS総合事務所NEWS(月刊でATLAS総合事務所のホームページに掲載)■

   ●新会社法と職権登記       NEW!    

   ●健康保険が変わります      NEW!    

□□□□□□□□□□ !あなたも会社を作ってみよう! □□□□□□□□□□

 詳しくはこちらをご覧ください。会社設立登記手続きの一切を代行いたします。

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜  ☆☆出版物のお知らせ☆☆  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

     税務署との折衝・交渉術「税務調査なんて恐くない!

         週刊税務調査日記が本になりました!

税務調査の実態をみなさんに知っていただくために、実体験に基づいた、税務調査で

繰り広げられる悲喜こもごものドラマを多少(?)脚色してお伝えします。

☆☆☆☆☆☆☆ !消費税専門のホームページができました! ☆☆☆☆☆☆☆☆

 税額計算や課税事業者判定のシミュレーションまでついた本格的消費税専門HP

               『消費税パーフェクトガイド.com

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

設立手続代行します!

お気軽に御連絡下さい

〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

=============  無料メルマガ  ==============

■■■メルマガ 週刊節税教室■■■

  節税について問答式でやさしく毎週説明しています。

  ぜひご購読下さい。

==================================== 

■■■メルマガ 週刊税務調査日記!■■■

税務調査の実態、税務調査で問題となる点、税務調査の手法などを誰でも分かり

やすく、ちょっと脚色して週刊でお伝えいたします。

下記リンクよりぜひ登録してください。
 

====================================

◆発行 アトラス総合事務所

  Copyright (C)2002-2006 アトラス総合事務所 All rights reserved.

当事務所では、会社設立からその後の税務会計、社会保険、労働保険、組織変更登記などを、「合理的な報酬」で「高品質のサービス」を提供しています。

[ Home ] [ 閉じる ] [ご利用案内/読者登録]

アトラス総合事務所 〒150-0031 東京都渋谷区桜丘町31-14 岡三桜丘ビル2階
プライバシーマーク認定制度のホームページへ
アトラス総合事務所のホームページへ  [代表者] 公認会計士・税理士・行政書士  井上 修
 www.cpainoue.com E-mail info@cpainoue.com TEL 03-3464-9333 

Copyright© 1998-2014 アトラス総合事務所. All rights reserved.