アトラス総合事務所

HOME » 相続について

相続について

親等数の数え方

親族の範囲

 民法上、親族の範囲は下記のように定められています。(民法第725条

〔親族の範囲〕

  ■六親等内の血族
  ■配偶者
  ■三親等内の姻族

親族の『遠い・近い』

 民法上における親族の範囲は、上記のとおり定められていますが、この『六親等』とか『三親等』といった呼称は、何でしょうか?

 これは、本人からみた場合の親族の『遠い・近い』を表す『親等数』というものなのです。

親等数の数え方

 親族の『遠い・近い』は、親等数を数えて決め、この親等数は、両親族間の世代の数を数えて決めるのです。

直系の親等数

 『直系』とは、例えば『両親と子』とか『祖父母と孫』といったように父祖からその子孫へと一直線に繋がる系統の事です。
 言わば、親等図を描いたときに自分の真上又は真下に一直線に並ぶ位置にある者の事です。
 
 この直系の親等数は、自分からその相手方の親族へ向かって数えた場合のその相手方の親族に辿り着くまでの世代数を数えて決めます。

 例えば『両親と子』であれば、自分(子)から両親へ向かって数えると、両親に辿り着くまでの世代数は『1』なので『一親等』となります。

 また『祖父母と孫』であれば、自分(孫)から祖父母へ向かって数えると、祖父母に辿り着くまでの世代数は『2』なので『二親等』となるわけです。

傍系の親等数

 『傍系』とは、兄弟姉妹やおじおば等といった自分と共通の始祖を通じて繋がる系統の事です。
 言わば、親等図を描いたときに自分の横方向に位置する者の事です。

 この傍系の親等数は、自分から、自分とその相手方の親族に共通する同一祖先に辿り着くまでの世代数を数え、そして、その同一祖先からその相手方の親族にくだるまでの世代数を合算して決めます。

 例えば『兄と弟』であれば、自分(兄)と相手方(弟)に共通する同一祖先は、両親です。

 よって、自分(兄)から両親に辿り着くまでで『1』、両親から相手方(弟)にくだるまでで『1』、合わせて『2』となるので、兄と弟は『二親等』となります。

姻族の親等数

 上記の親等数の数え方は、『血族』の場合の数え方です。

 親族には、血族以外に姻族という関係もあります。

血族とは?

血族には、大きく分けて『自然血族』と『法定血族』の2つがあります。

〔自然血族〕

 これは、親子や兄弟姉妹などのように出生による血縁関係がある者をいいます。
 まさに『血の繋がりがある者』というものです。

〔法定血族〕

 これは、本来は血の繋がりが無いのですが、法律上血縁関係があるものとみなされる関係にある者をいいます。
 具体的には、養子縁組による養親と養子との関係がこれに該当します。

姻族とは?

 姻族とは、例えば、夫からみた妻の両親や妻の兄弟姉妹などのように婚姻によって生じる自分(夫)とその配偶者(妻)側の血族との間に生じる関係をいいます。

姻族の親等数_数え方は?

 実は、姻族の親等数の数え方は、上記で説明しました血族の場合と同じなのです。
 つまり、自分の配偶者について、上記と同様に数えればよいのです。

 例えば、自分(夫)からみて妻の両親は、妻から数えて両親に辿り着くまでの世代数は『1』なので、自分(夫)と妻の両親との関係は『一親等の姻族』という事になります。

 同様に自分(夫)と妻の兄弟姉妹は、妻から数えて両親に辿り着くまでの世代数が『1』、両親から兄弟姉妹にくだるまでの世代数が『1』、合わせて『2』となるので、自分(夫)と妻の兄弟姉妹は『二親等の姻族』という事になります。

« 記事一覧に戻る

ページの先頭へ