アトラス総合事務所

HOME » 相続について

相続について

〔結婚してはいけないケース〕養親と養子

養子縁組と親子関係

 普通養子縁組又は特別養子縁組(以下、単に『養子縁組』といいます)をすると、その養子となった者と養親とは、民法上血族として取り扱われます。(民法第727条

 具体的には、親と子の関係なので、直系血族という事になります。

直系血族同士は結婚出来ない

 直系血族同士は、結婚することが出来ません。(民法第734条

 よって養子縁組後の養親と養子は、民法上は直系血族として取り扱われますので、両者は結婚する事は出来ません。

 勿論、養親と養子は、養子縁組をする前は、赤の他人同士ですから当然何の制限もなく結婚する事が出来ます。

 そしてこの養親と養子の直系血族関係は、その養子縁組の終了によって解消します。(民法第729条

 ここでふと疑問が湧きます。

養子縁組の終了_元養親と元養子は結婚できる?

 上記で述べたとおり、養親と養子との間の親子関係(直系血族関係)は、養子縁組の終了により解消します。

 つまり、法律上は、元の赤の他人同士に戻る事になります。

しかし結婚は出来ない

 養親と養子は、養子縁組の終了により晴れて(?)赤の他人同士に戻る訳ですから、元養親だった者と元養子だった者同士は、結婚出来そうに思えます。

 しかし、養親と養子は、たとえ養子縁組が終了する事により親子関係が終了したとしても結婚する事は出来ないのです。
民法第736条

結婚してはいけない範囲は?

 養子縁組が終了したとしても結婚してはいけない範囲は、次のAグループに属する者とBグループに属する者同士です。

〔Aグループ〕

 ■養親
 ■養親の直系尊属(例:養親の父母や祖父母等)

〔Bグループ〕

 ■養子
 ■養子の配偶者
 ■養子の直系卑属(例:養子の子や孫等)
 ■養子の直系卑属の配偶者(例:養子の子の配偶者、養子の孫の配偶者等)

元養親の血族とでも結婚出来る?

 上記のとおり、Aグループに属する者とBグループに属する者同士は、養子縁組が終了したとしても結婚する事は出来ません。

 しかし、Aグループをよくみると、『養親の直系卑属』や『養親の傍系血族』等は、含まれておりません。

養親側との結婚

 上記のとおり、Aグループに属しているのは、『■養親 ■養親の直系尊属』だけであり、これ以外の親族は含まれておりません。

 具体的には、養親の子や孫である『養親の直系血族』や養親の兄弟姉妹である『養親の傍系血族』などです。

 従って、Bグループに属する者であっても養親の子や孫、養親の兄弟姉妹とであれば、結婚する事が出来るのです。

« 記事一覧に戻る

ページの先頭へ