アトラス総合事務所

HOME » 相続について

相続について

子の姓

子の姓

 改めて考えてみますと、子の姓というのは、どのように決まるものなのか御存知でしょうか?

嫡出子の場合

 その子が婚姻関係にある男女間に生まれた子である場合、つまり『嫡出子』である場合には、その子の姓は、父母の姓を名乗る事になります。(民法第790条

 これは、当然ですね。

非嫡出子の場合

 では、非嫡出子、つまり婚姻関係にない男女間に生まれた子の姓は、どうなるのでしょうか?

 非嫡出子である子の姓は、母の姓を名乗る事となります。

 仮にその父親がその子を認知したとしても、その姓は母親と同じとなるのが原則です。

父母が離婚した場合

 子の姓というのは、離婚による影響を受けず、離婚時に名乗っていた姓を名乗る事になるのが原則です。

 例えば、鈴木という姓の子のいる女性が婚姻により夫の姓である田中を名乗る事にしたとします。

 その後、子が生まれたものの離婚し、母親は婚姻前の旧姓である鈴木に戻ったとします。

 そして、その母親が子の親権者となり、その子と同居する事になったとしてもその子の姓は、夫の姓である田中のままになる、という訳です。

 

子の姓を変えるには?

 離婚をして、旧姓に戻った母親が親権者となり引き取った我が子の姓が、元夫の姓のままだと母親としては、嫌なものでしょう。

 では、子の姓を変えるには、どうすれば良いのでしょうか?

家庭裁判所の許可が必要

 この姓を変えるには、家庭裁判所に対し『子の氏変更の許可申出』を行い、改姓許可の審判を得た上で市区町村役場に届け出る必要があります。

〔申立て先〕

 この申し立ては、子の住所地域の家庭裁判所に対して行います。

〔満15歳未満の場合〕

 その子が満15歳未満である場合には、その法定代理人である父母や後見人等が、その子に代わって改姓の為の手続きを行う事が出来ます。

家庭裁判所の許可が不要な場合

 子の姓を変えるのに家庭裁判所の許可が不要なケースもあります。

 例えば、父母が他人の養子になる等して改姓した場合が該当します。

 田中という姓の父母が他人の養子になり、佐藤という姓に変わったとしても、子の姓は元の田中のままとなります。

 この様な場合には、その父母が婚姻を継続している間に限り、家庭裁判所の改姓許可を得ずに市区町村役場への届出のみで子の姓を父母と同じ姓(佐藤)に変更する事が出来るのです。

改姓の理由

 子の姓を変更する為の重要な理由としては、次のような例が挙げられます。
   ■離婚して旧姓に戻った母親が子を引き取る場合
   ■夫と死別した妻が旧姓に戻った為に子と姓が異なる場合
   ■父母が養子縁組により他人の養子になった為に子と姓が異なる場合
   ■養子になった父母の姓に改姓した子の姓が、その後、父母が養親と離縁し旧姓に戻った為に父母の姓と異なる場合
   ■認知した子を父親が引き取る場合

上記のような理由が無い場合には、『やむを得ない事由』がある旨を主張して家庭裁判所の改姓許可を得る必要があるのですが、そう簡単には認めて貰えないケースが多いようです。

改姓時に未成年だった子の復姓

 改姓した当時において未成年(満20歳未満)だった子は、成年(満20歳)に達した時から一年以内に市区町村役場に届け出を行う事により、旧姓に戻る事が出来ます。

 成年に達した後は、子は自分の意思で名乗る姓を選択出来るという訳です。

≪終わり≫

« 記事一覧に戻る

ページの先頭へ