アトラス総合事務所
↓資産税専門ホームページは、こちら↓
URL URL:http://www.cpainoue.com/

〜愉快で楽しい資産税教室〜 〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜

〜メルマガの購読登録は、 こちら です〜 〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜
当『愉快で楽しい資産税教室』は、会計・税務・労務・法務のスペシャリスト集団であるアトラス総合事務所がお送りする資産税情報発信メルマガです。
所得税や相続税・贈与税といった資産税に関する最新情報やマメ知識、トピックな話題などを面白可笑しく、基本緩めにたま〜に鋭く突っ込んでみたり突っ込まなかったり楽しくお届けして参ります。
漫画を読む感覚で肩の力を抜いて御覧頂けますと幸いです。
尚、当メルマガは、HTML 初心者であるアトラス総合事務所の担当スタッフ自らが四苦八苦しながら制作しております故、初心者ならではのお見苦しい部分が多々あるか と思いますが、どうぞ御容赦頂けます様、お願い申し上げます。
ではでは、どうぞお楽しみくださいませ。
登場人物 〔登場人物〕 登場人物
登場人物 少佐 登場人物 神楽 登場人物 神哉 登場人物 白亜 登場人物
〔少佐〕 〔神楽〕 〔神哉〕 〔白亜〕

〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜
相続税編_〔第17話〕
『相続税法と民法』
(H26.12.08)
少佐 「さて、人が死亡した場合、その死亡した者、これを『被相続人』と呼ぶのだけれど、その被相続人が遺した財産について課される税金が『相続税』 ってところまでは、ヘナチョコチンチクリンな神哉でも理解しているわね?」
神哉 「出だしからいきなり悪口雑言(あっこうぞうごん) を吐いてくれたお蔭で、僕のテンションは、マリアナ海溝の底まで落ちたよ・・・」
神楽 「あら!良かったではありませんの。落ちるところまで落ちれば、あとは上がってくるだけですもの。ちなみにマリアナ海溝の最深部は、 水深1万メートル以上ですってよ。」
白亜 「相続税って税金に関する決まり事は、確か相続税法っていう法律で定めていたのよね?」
少佐 「そのとおりよ。相続税法っていうのは、税法の1つなのだけれど、この相続税法には、相続税以外に贈与税っていう 税金についても様々な事柄が定められているのよ。」
神哉 「へぇ〜。でもさ、相続税法って何だか難しそうな感じがするね。」
少佐 「そうね。相続税や贈与税について理解する為には、当然の事ながら相続税法の決まり事をきちんと理解しないとダメだからね。でもね、 その相続税法を理解する為には、更に必要になってくる知識があるのよ。」
神哉 「え〜・・・そんなに沢山色々と覚えられないよ・・・その必要な知識とやらは一体何なのさ?」
少佐 「それはね、『民法』よ。」
神楽 「その民法って何者ですの?」
少佐 「民法っていうのはね、私人つまり公権力を持たない人同士の関係を規定した私法の中で最も基本となる法律であって、 私達の生活に非常に密接に関わっている法律の1つなのよ。」
白亜 「聞いた事あるわ。確か『民法は私法の一般法である』とも言われているのよね。」
少佐 「よく知っているわね。感心だわ。」
神哉 「君、ネコなのに何でそんな事まで知ってるのさ?」
白亜 「ふん!あなたみたいなヘナチョコ人間とは、脳細胞のシナプスの出来が違うのよ。」
神楽 「でも、相続税法を理解する上で、どうして民法の知識が必要になってきますの?」
少佐 「それはね、相続税法は、民法を基盤として策定されているからなの。例えば、相続を考える上でとても重要な事柄である『相続人の範囲』については、民法第887条、889条、890条にその基本原則が定められているし、 相続によって自分が貰える財産の割合(法定相続分)については、民法第900条において定められているのよ。」
神哉 「なるほど。色々と重要な事柄が、民法において決められているんだね。これは確かに重要だね。」
神楽 「その前に民法ってどんな内容ですの?」
少佐 「民法は、全部で五編の内容から構成されていてね、その内容は次のとおりよ。」
  • (第一編)総則
  • (第二編)物権
  • (第三編)債権
  • (第四編)親族
  • (第五編)相続
白亜 「なるほど。この中でも特に相続税に絡んでくるのは、第五編って訳ね」
少佐 「そうね。この第五編にさっき挙げた相続人の範囲や法定相続分といった事柄が定められているのよ。でもね、第四編の親族には、養子に関する事柄が定められているのだけれど、 この養子に関する知識も相続税を理解する上では必要な知識だから、第四編の親族の知識も大切と言えるわね。」
神哉 「でも民法って難しいんだろうね・・・」
少佐 「確かに民法は、その条文数が約1,040条と非常にボリュームがあるし、難解な部分も多いから民法を完全に理解するのは、至難の業と言えるでしょうね。でも、 第四編の親族編や第五編の相続編は、私達の生活にとても密接に関わってくる事柄を定めてあるから案外読みやすくて親しみが持てるかもしれないわよ。 一度読んでみたらどう?」
白亜 「そうよ。マンガばっかり読んでないで、たまには活字の書いてある本も読みなさいな。」
神哉 「・・はい・・」
少佐 「神哉ったらネコに説教されるようでは世話無いわね。皆さんも民法を試しに一読してみてね。ではまた次回!ばいばい!」

会社設立 〔アトラス総合事務所では、会社の設立も承っております〕 会社設立
司法書士をはじめ会社設立の経験豊富な専任スタッフが親身に御相談に対応させて頂きます。
将来の相続税対策として会社設立をご活用されては如何でしょうか?
会社設立の御相談は、下記(↓)までどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
↓会社設立専用ホームページは、こちら↓
〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜URL https://www.cpainoue.com/kaisha/