アトラス総合事務所
↓資産税専門ホームページは、こちら↓
URL URL:http://www.cpainoue.com/

〜愉快で楽しい資産税教室〜 〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜

〜メルマガの購読登録は、 こちら です〜 〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜

〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜
民法編_〔第28話〕
『父を決める訴え』
(H27.01.19)
少佐 「さて、離婚や死別などによって結婚が終了し、女性が再婚する場合には、前の結婚が終了してから一定の期間を空けないといけないのだけれど、 どういう内容だったか覚えているかしら?」
白亜 「確か、前の結婚が終了してから6ヶ月間を経過しないと、再婚出来ないのではなかったかしら?」
少佐 「正解!民法733条においては、『女は、前婚の解消又は取消の日から六箇月を経過した後でなければ、 再婚をすることができない』と定めているのだったわね。」
神楽 「まあ・・6ヶ月も待たなければなりませんの?じれったいですわね。だって、どんなにリッチなオジサマでも将来もずっと安定しているとは限りませんでしょ?。だから、 更にリッチなオジサマを見つけたらさっさと鞍替えしたいと思っておりますの。 川越して宿とれって言いますしね。」
少佐 「何が“言いますしね”よ。あなたみたいな不届き者がいるからこういう決まりが必要になってくるのよ。」
神哉 「そもそもどうして『6ヶ月間待て』っていう決まりがあるのかな?」
少佐 「これは、生まれてきた子供が、前の結婚による子供なのか?それとも後の結婚による子供なのか?が不明になってしまうのを防止する為なのよ。」
神哉 「どういうこと?」
白亜 「貴方はホントにおバカさんね・・・前回勉強した『嫡出子の推定』と関係があるに決まっているじゃないの。」
少佐 「そのとおり!さすが白亜。朝ご飯に何を食べたかを忘れてしまう神哉とは大違いね。」
神哉 「ひどい事言うね・・・朝御飯のメニューくらい覚えているっての・・・昨日の晩御飯となるとちょっときついけどさ。」
白亜 「・・・きついんだ・・・」
神楽 「確か、嫡出子推定の規定には、『婚姻成立の日から200日後又は婚姻の解消若しくは取消の日から300日以内に生まれた子は、婚姻中に懐胎(妊娠)したものと推定する』 というのがあったと思うけれど、これに関係してきますのね?」
少佐 「そうなの。例えば、ある夫婦がいてその夫婦が離婚したのだけれど、その離婚した時点で奥さんが妊娠していたとするじゃない?」
神楽 「この設定、お昼のメロドラマみたいで何だかドキドキしてきますわね・・・」
白亜 「話の腰が折れるからちょっと黙ってなさいな。」
少佐 「離婚後、その奥さんは再婚したのだけれど、その奥さんは『再婚するまで6ヶ月待て』という決まりを無視して離婚後間を置かずにすぐに 再婚の婚姻届出を出してしまったの。」
神哉 「なるほど。でも通常は、決まりを無視した婚姻届出は受理されないんだよね?」
少佐 「決まりを無視した婚姻届出は通常は受理されないわ(民法第740条)でも何らかの手違いで受理されてしまう可能性もゼロではないわ。そこで仮にその奥さんが離婚成立後、 即ち再婚の婚姻届出を提出後、250日目に子供を出産したとしたらどうなると思う?」
白亜 「え〜と・・・離婚成立から再婚成立まで間が空いていない状態で、250日目ってことは・・・嫡出子推定の規定にある『婚姻成立の日から200日後』と 『婚姻の解消から300日以内』の両方の要件を満たしてしまう事になるわ。」
少佐 「そうなの。『婚姻成立の日から200日後』に生まれた子供は、現在婚姻中の夫の子供と推定されるわ。一方、『婚姻の解消から300日以内』に生まれた子供は、 前の婚姻による夫の子供と推定されるの。つまり、このケースだと子供の父親が再婚による夫の子供なのか?それとも前の夫の子供なのか?が不明になってしまうのよ。」
白亜 「それは子供にとっても不幸な事ね。その場合はどうすれば良いのかしら?」
少佐 「このような場合は、子供の住所地域にある地方裁判所に訴えを提起して、父親を決めて貰う事になるわ。これがいわゆる『父を決める訴え』と呼ばれるものよ。」
神哉 「なるほど。この訴えは何時までにすればいいの?」
少佐 「特に期間は制限されていないから何時でも提起可能よ。ケースによっては、家庭裁判所の調停で父親を決めて貰う場合もあるわ。」
白亜 「確かに『女性は再婚するまで6ヶ月間まて』という決まりが無かったら、こういう問題が増えてしまうわね。分かった?神楽?」
神楽 「う〜ん・・・6ヶ月間待っている間に上物のお金持ちを釣り損ねてしまうかもしれないけれど、仕方ありませんわね。待つことにしますわ・・・」
少佐 「“釣り損ねてしまう”って釣り堀の魚じゃあるまいし・・・困った娘ね。」
神哉 「ホントだよ。我が姉ながら頭が痛いね・・・」
神楽 「うるさいですわね!痛くなる程のオツムも無いくせに!」
少佐 「その点は同感ね。という訳で今回はここまで。ではまた次回!ばいばい!」

会社設立 〔アトラス総合事務所では、会社の設立も承っております〕 会社設立
司法書士をはじめ会社設立の経験豊富な専任スタッフが親身に御相談に対応させて頂きます。
将来の相続税対策として会社設立をご活用されては如何でしょうか?
会社設立の御相談は、下記(↓)までどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
↓会社設立専用ホームページは、こちら↓
〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜URL https://www.cpainoue.com/kaisha/