アトラス総合事務所
↓資産税専門ホームページは、こちら↓
URL URL:http://www.cpainoue.com/

〜愉快で楽しい資産税教室〜 〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜

〜メルマガの購読登録は、 こちら です〜 〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜

〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜
相続税編_〔第29話〕
『法定相続分_身分が重複する場合』
(H27.08.10)
少佐 「さて、相続人となった者の法定相続分は、以前にお話ししたとおりなのだけれど、今回は、その相続人としての身分が重複している場合についてお話ししてみたいと思うの。」
神楽 「身分が重複って、私みたいに女子高校生としての清廉な身分とグローバル級闇ブローカーとしてのブラックな身分を合わせ持つ事を指しますの?」
少佐 「違うわよ。カスってもいないわ。それにしてもグローバル級闇ブローカーって一体どんな悪さをしていることやら・・・ 天網恢々疎にして漏らさず。 その内に天罰が下るわよ・・・」
白亜 「是非とも天罰を与えて欲しいわね。で、身分が重複ってどういう意味かしら?」
少佐 「よく被相続人が、自分の孫を養子に入れるケースがあるでしょ。」
白亜 「ええ。聞いた事あるわ。」
少佐 「孫を養子として迎え入れると、その孫は養親である被相続人の子として扱われる訳。」
神哉 「確か、養子には、普通養子と特別養子の2種類があって、そのどちらでも養子となった者は、養親の実子として扱われるんだったよね。」
少佐 「そのとおりよ。そこで例えばね、被相続人甲の孫Cを甲の養子として、その孫Cの父親であり甲の子でもあるAは既に死亡している。被相続人甲には、 A以外にも子Bがいると仮定するわね。」
神哉 「うん。」
少佐 「この場合、被相続人甲の法定相続人は、誰と誰になるか分かるかしら?」
白亜 「え〜と・・・先ずは、子Bよね。子Aは既に亡くなっているんだから、その子供であるCがAの代襲相続人となるわよね。それから、Cは、甲の養子に入っているんだから、 甲の子として相続人になれるわ。」
神哉 「ええと・・・つまり、相続人になれるのは、■子B、■Aの代襲相続人としてのC、■養子縁組による甲の子としてのC、計3名という事かな?」
少佐 「そのとおりよ。」
神楽 「えっ!という事は、Cは、相続人として2つの身分を持つ事になりますの?体は1名分なのに相続分は2名分だなんて・・・果物としてのイチゴと和菓子としての大福 を同時に味わえるイチゴ大福並みにお得な感じですわね。」
少佐 「イチゴ大福がお得かどうかはさておき、このようなケースでは、Cは2名分の相続分を持つ事になるのよ。」
白亜 「子の法定相続分を1/2とすると、子1名当たりの法定相続分は、1/6(=1/2×1/3)となるから、孫Cの法定相続分は、 その2名分である2/6(=1/6+1/6)になるという訳ね?」
少佐 「正解!そのとおりよ。」
白亜 「なるほど。じゃあ、この仕組みを上手く利用すれば、孫に遺産を合法的に多く遺す事が出来るわね。」
少佐 「そうね。いい方法でしょうね。」
神楽 「なるほど・・・どうせ身分を重複させるなら、こっちの方お得ですわね。闇ブローカー業は、閉店しますわ。ふふ・・・」
少佐 「そんな簡単に閉店出来るものなのかしらね。という訳で今回はここまで。ではまた次回!ばいばい!」

会社設立 〔アトラス総合事務所では、会社の設立も承っております〕 会社設立
司法書士をはじめ会社設立の経験豊富な専任スタッフが親身に御相談に対応させて頂きます。
将来の相続税対策として会社設立をご活用されては如何でしょうか?
会社設立の御相談は、下記(↓)までどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
↓会社設立専用ホームページは、こちら↓
〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜URL https://www.cpainoue.com/kaisha/