アトラス総合事務所
↓資産税専門ホームページは、こちら↓
URL URL:http://www.cpainoue.com/

〜愉快で楽しい資産税教室〜 〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜

〜メルマガの購読登録は、 こちら です〜 〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜

〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜
相続税編_〔第30話_前篇〕
『遺産相続の割合_指定相続分』
(H27.08.24)
少佐 「さて、以前、遺産相続の割合として『法定相続分』についてお話ししたけれど、今回は、『指定相続分』について見ていく事にしましょうね。」
神哉 「指定相続分って何の事?」
少佐 「その前に法定相続分の意味は、覚えているかしら?」
神楽 「もちろんですわ。法定相続分というのは、民法第900条に定められている相続人が相続する事が出来る割合の事ですわ。誰が相続人になるのか? によって割合が異なっておりましたわね?例えば、相続人が配偶者と子供である場合には、各々1/2ずつといった具体に。」
少佐 「そのとおりよ。その法定相続分による割合と異なる割合を指定する事が出来るのだけれど、それを一般的に『指定相続分』と呼ぶのよ。」
白亜 「その指定というのは、当然、将来被相続人になる人がするのよね?」
少佐 「ええ、もちろんよ。」
神楽 「でも、その指定って具体的には、どうやって指定しますの?」
少佐 民法第902条においては、『被相続人は、第900条(法定相続分)及び第901条(代襲相続分)の規定にかかわらず、遺言で、 共同相続人の相続分を定め、又はこれを定めることを第三者に委託することができる。』と定めていて、遺言によって相続分を指定出来る事としているわ。」
神哉 「遺言っていうと、自分の死後における遺産相続の方法なんかを生前に書いておく文書の事だよね?」
少佐 「そうよ。この遺言には、大きく分けて『普通方式』と『特別方式』とがあって、普通方式は、更に次の3つの種類があるのよ。」
  • 自筆証書遺言(民法第968条
  • 公正証書遺言(民法第969条
  • 秘密証書遺言(民法第970条
白亜 「なるほどね。特別方式には、どんなのがあるのかしら?」
少佐 「特別方式には、『臨終遺言』と『隔絶地遺言』の2種類があって、それぞれ次の種類があるわ。」
〔臨終遺言〕
一般臨終遺言(民法第976条
遭難船臨終遺言(民法第979条
〔隔絶地遺言〕
伝染病隔離者遺言(民法第977条
在船隔絶地遺言(民法第978条
神哉 「へぇ〜。一口に遺言って言っても色んな方法があるんだね。」
白亜 「ちょっと気になったのだけれど、さっきの民法第902条の文言をみると、『〜相続分を定めることができる』ってあるわよね?“相続分”ってことは、 例えば『長男には何分の一、次男には何分の一』といった具合に割合で指定しなければいけないって事なのかしら・・?」
少佐 「いいところに気が付いたわね。確かに条文の文言を形どおりに捉えれば、『何分の○』といった具合に割合で指定しなければならないって事になるのだけれど、 実際上は、『自宅の土地・建物は長男へ、預貯金は次男へ相続させる。』といった具合に個別指定した場合でもその遺言は、有効となるから安心して。」
神哉 「なるほど。じゃあ、生前に自分を慕ってくれたり、面倒をみてくれた子や孫なんかが沢山相続出来るように遺言書を作成しておけばいいんだね。」
少佐 「ところがどっこい、たとえ遺言によって相続分を指定出来るといっても無制限ではないのよ」
神哉 「えっ!そうなの?」
少佐 「ええ。残念ながらね。遺言による相続分の指定であっても『遺留分』を侵害する事は出来ないのよ。」
神楽 「その遺留分って何ですの?」
少佐 「遺留分というのは、相続人にとって『自分が最低限貰う事が出来る額』の事よ。(民法第1028条)」
白亜 「聞いた事があるわ。遺言書の内容がこの遺留分を侵害している為に裁判で揉める事があるって・・・」
少佐 「確かにそうね。この遺留分というのは、誰が相続人になるのかによって次のように定められているのよ。」
1. 直系尊属のみが相続人である場合
被相続人の財産の三分の一
2.1以外の場合
被相続人の財産の二分の一
白亜 「じゃあ、相続人が複数人いる場合には、この割合を均等に頭割りするって訳ね。」
少佐 「そのとおりよ。でね、この遺留分には、1つ大切な注意点があるのよ。」
神楽 「あら、それは何ですの?」
少佐 「それはね・・・と言いたいところだけれど、あたしお腹が空いてきちゃったからちょっくら焼肉食べ放題のお店に行って、がっつり食べて来るとするわね。バイビー♪」
神哉 「ちょっと!ちょっと!『バイビー♪』じゃないよ、まったく・・・。僕達と焼肉とどっちが大事なんだか・・・」
神楽 「あなたと焼肉とだったら、焼肉の方が大事に決まっているじゃない。」
白亜 「薄情な姉を持って可愛そうね。同情するわ。という訳で、続きはまた次回ね。では、ごきげんよう♪」

会社設立 〔アトラス総合事務所では、会社の設立も承っております〕 会社設立
司法書士をはじめ会社設立の経験豊富な専任スタッフが親身に御相談に対応させて頂きます。
将来の相続税対策として会社設立をご活用されては如何でしょうか?
会社設立の御相談は、下記(↓)までどうぞお気軽にお問い合わせくださいませ。
↓会社設立専用ホームページは、こちら↓
〜(注)フラッシュアニメを見るにはプラグインが必要です〜URL https://www.cpainoue.com/kaisha/